自家用車は当面レベル2、開発の効率化が課題に

CES 2020で見えてきた方向性
自動運転はいつ実現するのか

毎年1月に米国ラスベガスで開催される世界最大級のエレクトロニクス見本市「CES」が今年2020年も開催された。かつては家電製品やエレクトロニクス関連の展示が多かったものだが、ここ数年で自動車関連の展示が急速に増加。IT企業など、従来の自動車関連企業ではない分野からの出展が増えているのも特徴だ。

業界の垣根を越えて活況な一方
商品化の遅れがもたらす投資負担

 CESでの自動車関連の展示はモーターショーと異なり、新型車の展示は少なく、まだ商品化されていない先端部品の技術展示や、新たなライフスタイルの提案などが多い。例年のことではあるが、今年も自動運転関連の技術が多く展示された。

 今回のCESではっきりしてきた流れは、自家用車向けの自動運転技術が当面、現在のレベル2(システムがアクセル・ブレーキ・ハンドル操作の一部あるいはすべてを行うが、ドライバーはシステムの監視義務がある)にとどまり、レベル4(決められた条件下で、すべての運転操作を自動化)といったより高度な自動運転は、移動サービスや商業車両などに限定されそうだということである。最近まで、自家用車の自動運転は2020年にはレベル3(決められた条件下で、すべての運転操作を自動化。ただしシステムから要請があるとドライバーはいつでも運転に戻らなければならない)に到達し、2025年ごろからレベル4の実用化が始まると考えられてきた。

 しかし今回のCESに出展した自動車部品メーカーは異口同音に、自家用車でレベル3以上の自動化を達成しようとすると、センサー数の増加やシステムの二重化などのコストがかさみ、消費者に受け入れられないだろうと強調した。これまでレベル3以上の自動運転が実用化することを見込んでセンサーや自動運転用半導体を開発してきた完成車メーカーや部品メーカー各社は、商品化が遅れる分、開発投資の回収も遅れることになる。今後は投資負担に耐えられない企業の脱落も予想される。

自動運転システム開発の効率化に貢献する
ソリューションを提供

 自家用車における自動運転の高度化が遅れることは、これまで以上に開発投資にも効率化が要求されることを意味する。車載ソフトウエアの開発・検証ソリューションのリーディングカンパニーであるdSPACEは、今回のCESで、シミュレーション技術を活用し、自動運転システム開発を効率化するソリューションを展示し、多くの来場者の注目を集めた。同社が今回のCESで展示したソリューションは以下の通りだ。

AUTERA

試験車両の膨大な走行データを収集可能に

vol2_img01

 自動運転の実験車両は、自車両の位置を把握し、周囲の物体を認識し、周囲の物体との衝突を避けるために多くのセンサーを備えている。これら多くのセンサー、特に車両の周囲を監視するカメラからの画像データは膨大な量になる。

 従来は、こうしたデータ収集にパソコンを使っていたが、試験中にさらされる振動や熱などに対して、より信頼性の高いデータ収集装置が望まれていた。また検証には複数のセンサーを同期して記録する必要がある。dSPACEがこうしたニーズに対応して製品化したのが自動運転システム開発向けデータロガーの「AUTERA」である。AUTERAはデータ・ストレージ・ユニット(DSU)当たり最大25Gbit/sという広帯域でデータを収集でき、DSU当たり最大で32TBという大容量メモリを搭載する。

Data Enrichment

AI技術を活用して学習用画像データを効率的に生成

vol2_img02

 最近の自動運転技術では画像認識を高精度化するためにディープラーニング(深層学習)の技術が使われるようになっている。例えば歩行者を認識するのに従来の認識ソフトウエアは、人間が抽出した歩行者の外観的な特徴から認識していた。これに対してディープラーニングは多くの歩行者の画像サンプルを読み込むことで人間の特徴を把握。これにより従来の手法よりも認識精度を大幅に高めることができる。ただし、ディープラーニングの精度を高めるためには、これは「歩行者」、これは「道路」などとタグ付けした多くの学習用画像データを用意する必要があり、多くの人手がかかっていた。また、欧州GDPR(一般データ保護規則)へ対応するために、ナンバープレートや人の顔から個人が特定できないようにぼかす、などの個人情報保護に則る画像処理が必要になる。

 dSPACEは2019年7月に、ドイツのAI企業understand.aiを買収。こうしたタグ付けの他、画像データから個人を特定できる情報を削除・変更する作業を自動化する同社の技術を活用することで、ディープラーニングの学習用データを効率的に生成できるようになる。今回のCESでは「Data Enrichment(データ・エンリッチメント)」を展示した。