インタビュー

[新春特別対談]
コージェネが加速する社会インフラ革命
分散型システム、熱の有効活用から生まれる
新たなビジネスと経済成長(前編)

面的利用を推進するコーディネーターの登場に期待

「デジタル革命を活かした分散型エネルギーシステムを構築し、多様な施設を呼び込んで面的利用を進めれば、脱炭素に向けた大きな一歩になると思います」(柏木氏)
「デジタル革命を活かした分散型エネルギーシステムを構築し、多様な施設を呼び込んで面的利用を進めれば、脱炭素に向けた大きな一歩になると思います」(柏木氏)

柏木: 従来のエネルギーシステムはデマンドありき。ピークに合わせてメガインフラを構築してきました。今はIoT(モノのインターネット)やビッグデータ、AI(人工知能)などデジタル革命で生まれた最新の技術を活用し、デマンド側で電力の使用を最適化する「デマンドレスポンス」も可能になっています。

 他方でコージェネのエネルギー効率はどんどん向上しています。熱導管を敷き、コージェネが電気と同時に生み出す熱を地域の冷暖房などに使う。自然エネルギーもなるべく多く取り込む。デジタル革命を活かした、このような分散型エネルギーシステムを構築し、ゴミ焼却場、病院、介護施設、保育施設、植物工場など多様な施設を呼び込んで面的利用を進めれば、脱炭素に向けた大きな一歩になると思います。

藤木: 事業者間、地域内で協力し面的利用を進めることは非常に重要です。それにはアグリゲーター、コーディネーター的な存在が必要。点在する小規模な発電設備やシステムを1つの発電所のようにまとめて機能させるVPP(バーチャルパワープラント)の技術も求められます。新たなプレーヤーが登場し、マーケットを切り拓いていくことを期待したいですね。

 実はその分野で新たなプレーヤーがたくさん入ってくることを見込んで、16年6月、経産省の省エネルギー・新エネルギー部の中に受け皿となる新エネルギーシステム課という新しい課をつくりました。新しいエネルギーシステムにかかわる課です。従来からある新エネルギー課はエネルギーを創ること、省エネルギー課はエネルギーを使うことにかかわっています。これまでは別々に政策をつくってきましたが、両者をつなげ、創る側から使う側まで一体で見ていくことが重要です。我が省として本腰を入れてその分野に取り組むという姿勢を示すためにも新しい課が必要だと判断しました。

 
前ページ前ページ 123 次ページ次ページ
 
インタビュー 記事一覧
 
 
 
プロフィール
藤木 俊光(ふじき としみつ)氏

藤木 俊光(ふじき としみつ)
経済産業省 資源エネルギー庁
省エネルギー・新エネルギー部長
1988年、通商産業省(現経済産業省)入省。富山県商工労働部長、知事政策室長、中小企業庁長官官房政策企画官、事業環境部金融課長、経済産業省大臣秘書官事務取扱、製造産業局産業機械課長、経済産業政策局企業行動課長、経済産業政策局経済産業政策課長、大臣官房総務課長を経て、2015年7月から現職。

柏木 孝夫(かしわぎ たかお)氏

柏木 孝夫(かしわぎ たかお)
東京工業大学 特命教授/名誉教授
コージェネ財団 理事長
1946年東京生まれ。70年、東京工業大学工学部生産機械工学科卒。79年、博士号取得。東京工業大学工学部助教授、東京農工大学工学部教授、東京農工大学大学院教授などを歴任後、2007年より東京工業大学ソリューション研究機構教授、12年より特命教授/名誉教授。11年よりコージェネ財団理事長。経産省の総合資源エネルギー調査会新エネルギー部会長などを歴任し長年、国のエネルギー政策づくりに深くかかわる。現在、同調査会の省エネルギー・新エネルギー分科会長、基本政策分科会委員などを務める。主な著書に「スマート革命」「エネルギー革命」「コージェネ革命」など。

News & Topics

経済産業省の総合資源エネルギー調査会基本政策分科会が取りまとめた「第5次エネルギー基本計画(案)」が公開され、当財団としてパブリックコメントを提出いたしました。その結果および「第5次エネルギー基本計画におけるコージェネの位置づけ」について、資料を取りまとめております。

詳細はこちら詳細はこちら

一般財団法人
コージェネレーション・
エネルギー高度利用センター

〒105-0001 東京都港区虎ノ門1-16-4
アーバン虎ノ門ビル4階
TEL. 03-3500-1612
FAX 03-3500-1613