インタビュー

[新春特別対談]
水素社会実現による新たな価値創生
2020年、東京を水素社会のショーケースに(前編)

2030年に水素発電を目指す

「水素発電まで実現できれば水素も量が出るようになる。量が出るようになればコストが安くなる。コストが安くなれば一気に普及することが期待できますね」(柏木氏)
「水素発電まで実現できれば水素も量が出るようになる。量が出るようになればコストが安くなる。コストが安くなれば一気に普及することが期待できますね」(柏木氏)

柏木: 原発事故で疲弊してしまった福島が新エネルギーで生き返る。素晴らしい取り組みですね。福島には風力発電やメガソーラー発電をつくる計画もあります。そこで生まれた再生可能エネルギーから水素をつくり、福島原発で空いているケーブルを使って輸送すれば、新たな国民負担なしに東京に運ぶことができます。福島には産業が生まれ、雇用が生まれ、収入が生まれる。東京などエネルギーを多く消費する都市から福島への所得再配分になります。復興のための重要な施策であり、脱炭素へ向けた一歩です。

 事故が起きたから「もう原発はいらない」というのは現実的ではありません。経済性、供給安定性、環境性をバランスよく考慮しながら新たなエネルギーシステムを構築していくことが必要です。オリンピック・パラリンピックを機に、原子力をベース電源として新しいエネルギーを取り入れたモデルを作り上げることは大いに意義があります。

小渕: そう思います。原発を止めてしまったら果たして代替エネルギーはどうするのか。エネルギーシステムに関しては、感情論に陥らず、現実的、具体的に議論を進めることが必要です。政治家として日本のエネルギーシステムの今の姿と将来像とをしっかりと皆さんに届けていきたいと思います。水素議連ではオリンピック・パラリンピックの先も見据え、2030年をメドに水素発電を実現したいと考えています。

柏木: 水素発電まで実現できれば水素も量が出るようになる。量が出るようになればコストが安くなる。コストが安くなれば一気に普及することが期待できますね。

 経済産業省は水素や燃料電池の普及をフェーズ1~3に分けて道筋を描いています。燃料電池、FCV、水素ステーションを普及させ、水素利用を飛躍的に拡大させるのがフェーズ1。水素発電を本格導入するのがフェーズ2。再生可能エネルギー由来の水素を利用し、CO2フリー水素供給システムを確立するのがフェーズ3です。

 既にフェーズ2の取り組みも出始めています。大林組と川崎重工業は2018年に、水素を燃料としてつくった電気と熱を神戸市の一部地域に供給する実証事業を開始します。地域電源として水素発電を導入するのは世界初の試み。こういう大がかりな事業も進み始めています。

 
前ページ前ページ 123 次ページ次ページ
 
インタビュー 記事一覧
 
 
 
プロフィール
小渕 俊光(ふじき としみつ)氏

小渕 優子(おぶち ゆうこ)
元経済産業大臣
自由民主党 衆議院議員
自民党議員連盟「FCV(燃料電池自動車)を中心とした水素社会実現を促進する研究会」(通称:水素議連)会長
1973年群馬県生まれ。96年成城大学経済学部卒業。2006年早稲田大学大学院修了。1996年東京放送入社。99年衆議院議員秘書を経て2000年衆議院議員に当選。06年文部科学大臣政務官、08年内閣府特命担当大臣(少子化対策・男女共同参画・公文書管理・青少年問題・食育)、10年自民党人事委員長、11年自民党幹事長代理に就任。12年第2次安部内閣で財務副大臣を務める。13年衆議院文部科学委員長を経て14年第2次安部改造内閣で経済産業大臣および内閣府特命担当大臣(産業競争力・原子力経済被害・原子力損害賠償・廃炉等支援機構)に。16年10月に水素議連会長に就任。群馬県第5区で当選7回。

柏木 孝夫(かしわぎ たかお)氏

柏木 孝夫(かしわぎ たかお)
東京工業大学 特命教授/名誉教授
コージェネ財団 理事長
1946年東京生まれ。70年、東京工業大学工学部生産機械工学科卒。79年、博士号取得。東京工業大学工学部助教授、東京農工大学工学部教授、東京農工大学大学院教授などを歴任後、2007年より東京工業大学ソリューション研究機構教授、12年より特命教授/名誉教授。11年よりコージェネ財団理事長。経済産業省の総合資源エネルギー調査会新エネルギー部会長などを歴任し長年、国のエネルギー政策づくりに深くかかわる。現在、同調査会の省エネルギー・新エネルギー分科会長、基本政策分科会委員などを務める。主な著書に「スマート革命」「エネルギー革命」「コージェネ革命」など。

News & Topics

来る2月15日、コージェネ財団は、「IoTネットワークによる超スマートシティへのアプローチ」をテーマに、「コージェネシンポジウム2018」を東京・千代田区のイイノホールで開催します。翌16日には、テクニカルツアーも実施します。ぜひご参加ください。

詳細はこちら詳細はこちら

一般財団法人
コージェネレーション・
エネルギー高度利用センター

〒105-0001 東京都港区虎ノ門1-16-4
アーバン虎ノ門ビル4階
TEL. 03-3500-1612
FAX 03-3500-1613