インタビュー

[新春特別対談]
水素社会実現による新たな価値創生
2020年、東京を水素社会のショーケースに(後編)

CO2を「利用する」取り組みの推進も

柏木: 2020年以降の地球温暖化対策を定めたパリ協定が発効したことにより、世界は一気に「低炭素」から「脱炭素」へと向かい始めています。今後、日本はあらゆる技術を結集し、さらなるイノベーションを起こし、CO2排出を抑制するエネルギーシステムを考えていかなくてはなりません。その手段として水素の普及は不可欠です。

小渕: 日本はオーストラリア政府と共同でCO2フリー水素の製造・輸送事業を推進しています。オーストラリア国内にある未利用資源の褐炭から水素を製造し日本まで輸送しようという事業です。水素の製造工程で排出したCO2は回収・貯留する「CCS」を進めようとしていますが、個人的に少し引っかかるところもあります。とらえ方によっては、「水素を買ってCO2を置いていく。日本はおいしいところだけ持って行く」とも取れるからです。

柏木: 私は内閣府に設置された「エネルギー・環境イノベーション戦略推進ワーキンググループ」の委員長を務めていますが、2050年に向けて策定した「エネルギー・環境イノベーション戦略」の中では、中長期的革新技術として、回収したCO2を「Storage(貯留)」するのではなく「Utilization(利用)」する「CCU」を取り上げています。例えば植物工場を併設して光合成に利用するとか、ケミカル工場をつくってプラスチックを製造するとか。CCSをベースにしながらCCUに挑戦する手もあるのではないかと思います。

小渕: CO2を利用するという発想は前向きでとてもいいですね。ストンと腹落ちします。

柏木: 既にCCUの成功事例も出ています。JFEエンジニアリングのグループ会社であるJファームが北海道苫小牧につくった植物工場では、コージェネシステムを導入した分散型エネルギーシステムを構築し、電気と熱に加えて、排ガス中のCO2を有効活用しています。トマトなどの商業生産を行っていますが、糖度が増すので付加価値もつきます。一次産業の活性化は地方創生にもつながります。非常に意義のある取り組みだと思います。

[新春特別対談] 水素社会実現による新たな価値創生 2020年、東京を水素社会のショーケースに(後編)

小渕: 私が会長を務める「FCV(燃料電池自動車)を中心とした水素社会実現を促進する研究会」では水素利用の入口として身近なFCVを考えていますが、同時並行で野菜の栽培など他の分野にも広げて水素の可能性を見せることも大事ですね。これからも水素に関わっている企業の方たちの意見を聞きながら議論を深め、自民党の資源・エネルギー戦略調査会に積極的に提言を上げ、成長戦略に組み込みながら水素社会実現を目指していきたいと思います。

柏木: 子育て中でもあり、老若男女に幅広くコミュニケーションを取れ、発信できる小渕さんならではの視点を生かしつつ、広く国民に浸透する戦略を構築していただけることを期待しています。

 
前ページ前ページ 123 次ページ次ページ
 
インタビュー 記事一覧
 
 
 
プロフィール
小渕 俊光(ふじき としみつ)氏

小渕 優子(おぶち ゆうこ)
元経済産業大臣
自由民主党 衆議院議員
自民党議員連盟「FCV(燃料電池自動車)を中心とした水素社会実現を促進する研究会」(通称:水素議連)会長
1973年群馬県生まれ。96年成城大学経済学部卒業。2006年早稲田大学大学院修了。1996年東京放送入社。99年衆議院議員秘書を経て2000年衆議院議員に当選。06年文部科学大臣政務官、08年内閣府特命担当大臣(少子化対策・男女共同参画・公文書管理・青少年問題・食育)、10年自民党人事委員長、11年自民党幹事長代理に就任。12年第2次安部内閣で財務副大臣を務める。13年衆議院文部科学委員長を経て14年第2次安部改造内閣で経済産業大臣および内閣府特命担当大臣(産業競争力・原子力経済被害・原子力損害賠償・廃炉等支援機構)に。16年10月に水素議連会長に就任。群馬県第5区で当選7回。

柏木 孝夫(かしわぎ たかお)氏

柏木 孝夫(かしわぎ たかお)
東京工業大学 特命教授/名誉教授
コージェネ財団 理事長
1946年東京生まれ。70年、東京工業大学工学部生産機械工学科卒。79年、博士号取得。東京工業大学工学部助教授、東京農工大学工学部教授、東京農工大学大学院教授などを歴任後、2007年より東京工業大学ソリューション研究機構教授、12年より特命教授/名誉教授。11年よりコージェネ財団理事長。経済産業省の総合資源エネルギー調査会新エネルギー部会長などを歴任し長年、国のエネルギー政策づくりに深くかかわる。現在、同調査会の省エネルギー・新エネルギー分科会長、基本政策分科会委員などを務める。主な著書に「スマート革命」「エネルギー革命」「コージェネ革命」など。

News & Topics

来る2月15日、コージェネ財団は、「IoTネットワークによる超スマートシティへのアプローチ」をテーマに、「コージェネシンポジウム2018」を東京・千代田区のイイノホールで開催します。翌16日には、テクニカルツアーも実施します。ぜひご参加ください。

詳細はこちら詳細はこちら

一般財団法人
コージェネレーション・
エネルギー高度利用センター

〒105-0001 東京都港区虎ノ門1-16-4
アーバン虎ノ門ビル4階
TEL. 03-3500-1612
FAX 03-3500-1613