スペシャルリポート

エネルギーシステム改革と日本経済(後編)

日本のエネルギービジネスの発展に国際戦略が不可欠

柏木:最後に、国際戦略と日本経済という少し大きな視点から、コージェネなど分散型ネットワークを含めてお話をうかがっていきたいと思います。

翁:一つめとして、エネルギー供給源の多様化が非常に重要だと思いますので、これを進めていくこと。二つめは、スマートコミュニティをうまく進めて、最終的にインフラ輸出へつなげていくこと。三つめは、パリ協定において非常に大胆な目標が掲げられています。これに向けて日本も自ら技術革新を進めて、社会システムや新たな環境に配慮したエネルギーを考えていくこと。米国が独自路線を進もうとしている状況で、日本が欧州らと一緒にしっかりと取り組んでいくことが、重要な国際戦略であると思います。

「コージェネも含めて経験を積み、それを海外へと輸出していく。そこに、これからのエネルギービジネスが大きく発展する余地があるのではないかと思います」(八田氏)
「コージェネも含めて経験を積み、それを海外へと輸出していく。そこに、これからのエネルギービジネスが大きく発展する余地があるのではないかと思います」(八田氏)

八田:日本のエネルギービジネスを考える上で、国際戦略は不可欠だと考えます。日本は、資源国ではありませんし、今後エネルギーの市場規模が減っていくなかで電力ビジネスをしていくのであれば、これは国際戦略しかありません。

 日本が優れているスマートメーターなどの電気機器に関する輸出を考えていくことも、もちろん一つの方向ですが、もう一つの方向として、システムの輸出も重要です。電力会社としては、自由化をネガティブに捉えるのではなく、ビジネスチャンスだと考えて、自由化の下でどのようなことができるのかについて、コージェネも含めて経験を積み、それを海外へと輸出していく。そこに、これからのエネルギービジネスが大きく発展する余地があるのではないかと思います。

「システム・オブ・システムズの一つの重要な要素としてコージェネを活用していくことが、付加価値ビジネスを生むのだと考えます」(柏木氏)
「システム・オブ・システムズの一つの重要な要素としてコージェネを活用していくことが、付加価値ビジネスを生むのだと考えます」(柏木氏)

柏木:きょうの鼎談のまとめをさせていただきますと、まず「多様性」というキーワードが挙げられます。今後は大規模のメガインフラをベースにしつつ、分散型や再生可能エネルギーが需要サイドに取り込まれていくようになるでしょう。セキュリティという側面からは、電源の多様性、一次エネルギー源の多様性、輸入源の多様性が求められます。さらには、国内だけでなく国外へも目を向けるという多様性も必要です。国際戦略として、スマートコミュニティといったものを輸出していくことが日本の発展にもつながっていくわけですが、そのシステム・オブ・システムズの一つの重要な要素としてコージェネを活用していくことが、付加価値ビジネスを生むのだと考えます。

 
前ページ前ページ 12 次ページ次ページ
 
スペシャルリポート 記事一覧
 
 
 
News & Topics

来る2月15日、コージェネ財団は、「IoTネットワークによる超スマートシティへのアプローチ」をテーマに、「コージェネシンポジウム2018」を東京・千代田区のイイノホールで開催します。翌16日には、テクニカルツアーも実施します。ぜひご参加ください。

詳細はこちら詳細はこちら

一般財団法人
コージェネレーション・
エネルギー高度利用センター

〒105-0001 東京都港区虎ノ門1-16-4
アーバン虎ノ門ビル4階
TEL. 03-3500-1612
FAX 03-3500-1613