スペシャルリポート

[コージェネシンポジウム2018レビュー2]基調講演 スマートシティ実現に向けて~IoTからIoSへ~ オープン化の波に対応しエネルギー分野の大変革を

[コージェネシンポジウム2018レビュー2]基調講演 スマートシティ実現に向けて~IoTからIoSへ~ オープン化の波に対応しエネルギー分野の大変革を
2018年3月28日(水)公開
取材・文/小林佳代 写真/加藤康
 

「コージェネシンポジウム2018」の基調講演にはINIAD(東洋大学情報連携学部)の坂村健学部長が登壇した。「スマートシティ実現に向けて~IoTからIoSへ~」と題した講演で、イノベーションを起こし得るオープンIoT(モノのインターネット)のモデルや枠組みを説明し、エネルギー分野でいかにそれらを応用すべきかを語った。IoTの先にはモノだけでなく、ヒトもサービスも連携するIoS(サービスのインターネット)の時代が到来するとも予測した。

日本はオープン化で出遅れている

坂村 健(さかむら けん) 氏
坂村 健(さかむら けん) 氏
INIAD(東洋大学情報連携学部)学部長
1951年東京まれ。84年からオープンなコンピューターアーキテクチャー「TRON」を構築。現在、IoT社会実現のための研究を推進している。2002年1月よりYRPユビキタス・ネットワーキング研究所長を兼任。2015年ITU(国際電気通信連合)創設150周年を記念して、情報通信のイノベーション、促進、発展を通じ、世界中の人々の生活向上に多大な功績のあった世界の6人の中の1人として「ITU150Award」を受賞。2017年INIAD(東洋大学情報連携学部)学部長に就任。東京大学名誉教授。

 エネルギーと情報は車輪の両軸のようなものです。次世代の社会がどうなるかを考える時には、エネルギーと情報を「対」で見る必要があります。私は1984年、オープンなコンピューターアーキテクチャー「TRON」プロジェクトを開始しました。TRONは組み込み型のシステム。モノの中に入りネットワークでつながる世界を実現します。TRONが目指してきたのは今でいうIoT(モノのインターネット)。IoTで重要なキーワードは「オープン」です。誰かが仕切るのでなく、「プロトコル」という通信のための決められた手順を守ればすべてのモノがつながることが大切です。

 今までの社会は囲い込みをした上でイニシアティブを取ろうとするのが一般的でした。日本の強さもそういう中で発揮されていました。日本が得意なのは仲間うちですりあわせたり、カイゼンしたりすること。メンバーシップ、系列グループといった言葉が表すものです。今、世界が目指すのはそれらとは対極です。連携し、コンソーシアムやエコシステムで緩やかにつながりを形成する中でイノベーションを起こそうとしています。境界が明確なシステムではギャランティ(保証)が可能ですが、オープンなシステムは特定の主体が管理するものではないのでギャランティは不可能。個々の関係者のベストエフォート(最大の努力)によって成り立ちます。

 世界が志向するオープン化に日本は出遅れています。「閉じたIoT」を「オープンなIoT」にしていけるかどうかが今後のカギとなります。

 
前ページ前ページ 123 次ページ次ページ
 
スペシャルリポート 記事一覧
 
 
 
News & Topics

経済産業省の総合資源エネルギー調査会基本政策分科会が取りまとめた「第5次エネルギー基本計画(案)」が公開され、当財団としてパブリックコメントを提出いたしました。その結果および「第5次エネルギー基本計画におけるコージェネの位置づけ」について、資料を取りまとめております。

詳細はこちら詳細はこちら

一般財団法人
コージェネレーション・
エネルギー高度利用センター

〒105-0001 東京都港区虎ノ門1-16-4
アーバン虎ノ門ビル4階
TEL. 03-3500-1612
FAX 03-3500-1613