スペシャルリポート

コージェネのSDGsへの貢献と
海外視察報告について
時代の潮流見据え、
さらなる普及を推進へ

タイ、シンガポールでのコージェネ導入事例

 続いて登壇した東京ガスの小川哲史副課長は2018年9月にコージェネ財団の調査団が行った海外視察を報告した。エネルギー需要が旺盛になっている東南アジアにおいて、コージェネを組み込んだエネルギー事業の先例を紹介した。

 タイで調査団はNS-OG Energy Solutions(Thailand)Ltd.(NSET)がエネルギーサービスを提供するThai Honda Manufacturing Co.,Ltd.を訪問。タイ国内で省エネの意識はまだ低いが、停電時にコージェネが100%自立運転に成功し、工場の安定操業に貢献していることから、「電源安定性を訴求することでコージェネ普及が進められるのではないか」との考察を示した。

 シンガポールでは国立公園Gardens by the Bayのエネルギー供給プラントと政府系投資会社Sembcorp社がジュロン島内に所有する400MWの発電設備を視察した。小川副課長は「シンガポールの政策は『生産性ある事業への投資』が基本。エネルギー分野も対象となっている。2019年には炭素税を導入予定」とコージェネ普及の可能性が大きいことを示した上で、「地震、津波、台風など自然災害のリスクはほとんどなく、BCP(事業継続計画)のニーズは低い」と整理し報告を終えた。

東京ガス エネルギー企画部エネルギー計画グループ 副課長 小川哲史 氏

東京ガス エネルギー企画部エネルギー計画グループ 副課長 小川哲史 氏
 

 
前ページ前ページ 12 次ページ次ページ
 
スペシャルリポート 記事一覧