スペシャルリポート

ロンドン・オリンピックから考える
低炭素型都市づくり(前編)

エネルギー・センターと開発との関係

図1 オリンピック・パークのエネルギーネットワーク。Cofely UK資料より

図1 オリンピック・パークのエネルギーネットワーク。Cofely UK資料より
 

 エネルギー・センターは、オリンピック・パークに2か所ある。一つは、ストラトフォード・シティと呼ばれるショッピングセンターに6.2MWのコージェネレーション(熱電併給)システム、4MWの吸収式冷凍機、40MWのボイラーで構成されるエネルギー・センターと、3.1MWのコージェネ、4MWの吸収式冷凍機、3.5MWのバイオマスボイラー、40MWのボイラーで構成されるもうひとつのエネルギー・センターである。後者は木質ペレットのバイオマスボイラーがあり、再生可能エネルギーの導入が評価された。

 当初、オリンピック・パークではCO2(二酸化炭素)排出量削減目標を44%と設定していた(*1)。ロンドン市は、かねてより2025年までに分散型エネルギーネットワークによるエネルギー供給を25%にする(*2)という目標を立て、積極的なネットワークづくりを目指しているものの、2013年にロンドン全体で275基のコージェネが電力3.5%、熱の1.8%、エネルギー全体の2.4%をカバーするに留まっていた(*3)。そのため、オリンピック・パークのような面的再開発事業はエネルギー事業のチャンスと捉えられ、積極的な導入を推進している。

図2 キングス・ヤード・エネルギーセンター。2016年3月筆者撮影
図2 キングス・ヤード・エネルギーセンター。2016年3月筆者撮影

 さらに、(1)個別建物が省エネビル、(2)全長18kmの熱導管(温熱、冷熱)とバイオマス、ガス・コージェネを用いた2つのエネルギー・センターの存在、(3)区域内のすべての建物が熱導管に接続し、CO2排出量削減効果を上げているという特徴がある。他の地域との大きな差は、上記(2)と(3)の実現であり、特に(2)は英国で最長の40年というコンセッション(公共施設等運営権)契約がオリンピック期間の開発計画と開発の許可を与えていたOlympic Delivery Authority(ODA)と17万m2のショッピングセンターを抱える Stratford City Development Ltd.、及び熱供給事業者であるCofely East London Energy Ltdとの間で結ばれている。

 なかでも契約に「オリンピック・パーク内のすべての新規開発はエネルギーネットワークから熱を購入しなければならない」(*4)とされているのが大きな特徴である。CO2排出量削減目標達成のためには、より多くの建物が熱導管に接続することが必要であったこと、ブラウンフィールドの都市再生事業が長期にわたるため、エネルギー事業者Cofelyが投資した2つのエネルギー・センターと18kmに及ぶ熱導管の1.13億ポンドの回収を公共が支えなければならならなかったことから、40年という長期のコンセッション契約を行っている。

 この長期契約と顧客が必ず確保できる仕組みは、エネルギーインフラ事業の安定化につながっているという(*5)。実際、Cofelyの他都市での熱供給契約は20年が多いこと(*6)、投資回収が通常15年で考えられていることからしても、大規模で長期にわたる高いリスクの事業は、直接的な助成のみならず市場の規制が大事な要素といえる。

*1 GLA, 2012, The London Sustainability Plan, p.18

*2 GLA, 2011, Delivering London’s Energy Future: The Mayor’s Climate Change Mitigation and Energy Strategy, p3.111

*3 GLA, 2015, The Mayor’s Climate Change Mitigation and Energy Strategy Annual Report 2013-14, p.15

*4 GLA(2011) OLSPG Energy Study, p.8

*5 2012年12月、13年11月Cofely East London Energy Ltd.へのヒアリング調査による。

*6 LLDC, Infrastructure List (Required by Regulation 2123 of CIL Regulation)

 
前ページ前ページ 123 次ページ次ページ
 
スペシャルリポート 記事一覧
 
 
 
プロフィール
村木 美貴(むらき みき) 氏

村木 美貴(むらき みき)
千葉大学大学院 工学研究科 教授
1996年横浜国立大学大学院工学研究科博士課程後期修了。同年東京工業大学大学院社会理工学研究科助手、2000年オレゴン州立ポートランド州立大学客員研究員、02年千葉大学工学部都市環境システム学科助教授、08年千葉大学大学院工学研究科建築・都市科学専攻准教授。13年より現職。

News & Topics

来る2月15日、コージェネ財団は、「IoTネットワークによる超スマートシティへのアプローチ」をテーマに、「コージェネシンポジウム2018」を東京・千代田区のイイノホールで開催します。翌16日には、テクニカルツアーも実施します。ぜひご参加ください。

詳細はこちら詳細はこちら

一般財団法人
コージェネレーション・
エネルギー高度利用センター

〒105-0001 東京都港区虎ノ門1-16-4
アーバン虎ノ門ビル4階
TEL. 03-3500-1612
FAX 03-3500-1613